2017 鹿島アントラーズ ユニフォーム ホーム/アウェイを登場!

鹿島アントラーズ ユニフォームのサプライヤーは「NIKE」です。ユニフォームの右胸にメーカーロゴを刺繍、左胸にクラブエンブレムを織りワッペン縫い付けます。Vネックを採用して、胸前にスポンサー名をプリントします。

kashima_main_2017_slider_01

鹿島アントラーズホーム ユニフォームはクラブ史上初となるネイビーを基調としたカラーコンビネーションを採用して、鹿島灘をイメージしたネイビーにクラブの魂ともいえるディープレッドをボーダー柄で合わせ、躍動感あるデザインに仕上げています。それに、アクセントカラーにはゴールドを使用され、袖部にはJリーグ王者の証であるチャンピオンマークがプリントします。

kashima_main_2017_slider_02鹿島アントラーズ アウェイユニフォームはクラブ史上最も革新的かつ斬新な“ハイパーピンク”を基調としたデザイン使用され、ピッチ上でも際立つハイパーピンクは、アウェイの地でも相手チームに存在感とインパクトを与えることになりそうです。 ホームユニフォームと同じで、袖部にはJリーグ王者の証であるチャンピオンマークが刻印しています。

購入のリンク ⇒ 鹿島アントラーズ ユニフォーム

浦和レッズ ユニフォーム 2017 ホーム/アウェイ/Gk 半袖 格安通販

今日は浦和レッズ 2017 ユニフォーム を紹介しております。

20170209uni

サプライヤーは前続き「NIKE」。胸前にメーカーロゴやクラブエンブレムを配置しています。

ホームは、クラブ設立25周年を表す“25”をローマ数字“XXV”で表現した大胆なグラフィックを採用し、中央の大きなダイヤモンドの中に縦に描かれている25本のストライプもまた25周年を表現し、太さの違うピンストライプの先端部分を鋭く描く事で、流れる様なスピード感と躍動感をイメージしました。それぞれのピンストライプの束は12本で形成されており、チームワークやファン・サポーターとの結束を表しています。

アウェイは、イエローを使用して、黄色の持つ特徴としてWARNIGやCAUTIONといった警告や注意を相手に促す効果があり、浦和イレブンが敵地でも脅威となり、相手にとって危険な存在になることをイメージしているとのことです。

GKユニフォームは、ホームが緑を使用します。ユニフォームスポンサーは、胸の「ポラス」、パンツの「DHLジャパン」が継続。「三菱自動車工業」は背中上部から袖へ移り、背中上部に「三菱重工業」、背中下部には「日本KFCホールディングス」と新たに契約を結んでいる。

浦和レッズ2017 ユニフォームを購入する